ハイローオーストラリア1分取引の特徴や攻略手法3つをご紹介!

2022年4月8日ハイローオーストラリア攻略

ハイローオーストラリア1分取引の解説

こんにちは!管理人の倍賞成行(@NariyukiBaisyou)です。

この記事では、ハイローオーストラリアの1分取引について解説します。

この記事の要約

  • ハイロー1分取引の特徴
  • ハイロー1分取引におすすめの通貨ペア
  • 1分取引の攻略手法

ハイローオーストラリアの1分取引は効率よく稼ぐのにおすすめですが、超短期取引に分類され予測が難しいため、対策なしではなかなか勝率は上がりません

そこで、1分取引の簡単な取引手法をご紹介するので是非参考にしてみてください。

1分取引を覚えて効率よく稼ぎましょう!
倍賞成行
倍賞成行

ハイローオーストラリア1分取引の特徴

ハイローオーストラリアには30秒取引もありますが、おそらく、攻略するのにテクニカル分析が有効なのは1分取引までです。

というのも、30秒取引は判定時間が短すぎてテクニカル分析がほぼ意味を成さないからです。

ノイズも多いので予測は極めて困難です!
倍賞成行
倍賞成行

【関連記事】

ハイローの30秒取引に関しては、「ハイローオーストラリア30秒取引の攻略手法3選」で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

そのため、テクニカル分析を用いた精度の高い短期取引をしたいなら、30秒取引よりも1分取引を選択したほうがいいでしょう。

ハイローオーストラリアの1分取引には次の2種類があります。

  • Turbo
  • Turboスプレッド

Turboスプレッドはスプレッドがある分、予測するのが難しくなるので、ペイアウト率も高く設定されています。

続いては、ハイローオーストラリア1分取引のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

1分取引のメリットとは?

1分取引には次のようなメリットがあります。

メリット

  • ペイアウト率が高い
  • テクニカル分析がある程度役に立つ

何よりもまず1分取引はペイアウト率が高いですね。

ペイアウト率の差は取引をすればするほど大きな利益の差を生みます。

また、MT4やMT5など多くのチャート分析ツールでは、最小値を1分足に設定しています。これが何を意味するかというと、「テクニカル分析ができる」ということです。

実は、30秒足のチャートは存在しません!
倍賞成行
倍賞成行
灰谷音
灰谷音
つまり、30秒取引はテクニカル分析のしようがないんですね!

そのため、30秒取引はノイズ狙いの運任せ的な攻略法が紹介されることが多いのです(当サイトでもノイズを狙えと解説しています笑)が、1分取引は30秒取引に比べてチャートを見て分析する人が多いので、テクニカル指標が有効です。

1分取引のデメリットとは?

デメリット

  • 勝ち続けることは難しい
  • 転売が使えない

ハイローオーストラリアのTurbo取引のペイアウト率は1.90倍ほどですので、損益分岐点となる勝率は52.63%です。

つまり、10回取引したら6回は勝たないと利益がプラスにはなりません。

しかし、Turbo取引でそんなに勝つのは難しいでしょう。

なぜなら、1分ほどの為替の動きにはノイズが多いからです。

【ノイズとは】

為替レートの瞬間的な値動きのことで、大口の個人投資家の個人的な心理が関係していますので、予測するのはほぼ不可能です。

こういったノイズに阻まれるため、おそらく勝率を50%以上にキープすることは難しいでしょう。

つまり、1分取引というのは常套的に行う取引ではなく、トレンドが発生した瞬間などに瞬発的に行うものなのです。

イメージとしては普段は5分や15分で取引をしていて強いトレンドが現れた時だけ1分取引を行い増益を狙うといった感じです!
倍賞成行
倍賞成行

1分取引のもう一つのデメリットとしては転売が使えないことです。

転売とは

判定時刻を迎える前に取引を途中で決済する機能のこと。

関連記事ハイローオーストラリアの転売機能の使い方や有効な手法を解説

バイナリーオプションには損切りという概念がありませんが、転売を用いることで実質的に損切りができます。

負けそうだという時に転売機能を利用することで、損失を最小限に抑えることができるのです。

ただし、残念ながら転売は3分取引からしか利用できません

1分取引でおすすめしたい通貨ペアはコレだ!

続いて、1分取引で利益を狙いやすい通貨ペアについてご紹介します。

結論から言うと、米ドル/円やポンド/円がおすすめです。

理由としては、先程解説したように、1分取引ではある程度テクニカル分析が役に立ちますが、小刻みにノイズも入ります。
したがって、流通量の少ない通貨だと個人投資家の思惑がちょいちょい入るので、それだけ為替の動きを予測するのは難しくなります。

そのため、流通量が多く、個人投資家の取引の影響をあまり受けない通貨がいいでしょう。

灰谷音
灰谷音
流通量が多くて個人投資家の取引の影響を受けないのが米ドル/円やポンド/円というわけですね!
そういうことです!
倍賞成行
倍賞成行

トレンドが狙える通貨ペアがおすすめ?

短期取引は、トレンドを狙って取引するのが基本ですから、トレンドを形成するような要因を追う必要があります。

ここで、先程ご紹介した通貨の特徴をざっくりとご紹介しておきます。

  • 【米ドル】
    多くの投資家が投資対象としており取引量が最も多い
  • 【ポンド】
    1番取引量の多いロンドン市場でメインに動いているので取引量が多い
  • 【円】
    比較的穏やかな値動きをするのでクロス円の通貨ペアだと情報収集のポイントを絞りやすい

これら3つの通貨の組み合わせであれば、流動性が高くてトレンドが頻発しやすいので、トレンドを狙って取引する短期取引にぴったりなのです。

関連記事ハイローオーストラリアの全通貨ペアとおすすめ3選をご紹介!

ハイローオーストラリア1分取引の王道攻略手法

最後に、1分取引を攻略する方法をご紹介します。

それぞれ詳しく見ていきましょう!
倍賞成行
倍賞成行

移動平均線を使った攻略法

移動平均線とは

過去の相場の価格の平均値をつなぎ合わせて線にした指標です。移動平均線がクロスするとき、価格が大きく動くポイントとされています。

ここでは、5日と25日に期間設定した移動平均線を使い、ゴールデンクロスとデッドクロスを追います。

【ゴールデンクロスとは】

短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下から上に突き抜ける現象のことで、Highエントリーのサインです。

【デッドクロスとは】

短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上から下に抜ける現象でLowエントリーのサインとされています。

下図はMT4の移動平均線を重ねたチャートです。短期線(赤)が長期線(黄色)を下から上に突き抜けました。

この時点でHIGHエントリー。

ゴールデンクロスでHighエントリー

結果はご覧の通り。

取引結果

勝つことができました!
倍賞成行
倍賞成行

続いて、短期線(赤)が長期線(黄色)を上からクロスするデッドクロスが発生しました。こちらは、LOWでエントリー。

デッドクロスでLowエントリー

取引結果

こちらも勝つことができました!
倍賞成行
倍賞成行

ポイントは、短期線が長期線とクロスして突き抜けた瞬間を狙うことです。

5分取引や15分取引だとトレンドの勢いが続かないことがありますが、1分取引だとそこまで強くなくても戻るまでに稼げることが多いです。

ちなみに移動平均線のシグナルが発生するのは、大体20分~30分に1回程度です!
倍賞成行
倍賞成行

RSIを使った攻略法

RSIとは

「Relative Strength Index」の略称で、通貨の買われすぎ、売られすぎを判断するオシレーター指標です。

狙い目は「30」または「-70」にタッチした後逆張りです。

今回のRSIのパラメーターの設定はデフォルトの「期間:14」で問題ありません。

RSIは「70」で通貨の買われすぎ、「30」で通貨の売られすぎと判断します。相場では買われすぎ(価格が高騰している)と売ろうとする動きが出ますし、売られすぎ(価格が低下している)と買おうとする動きが出てきますから、価格はどちらか一方に推移していると反発して戻っていく傾向があります

この反発した瞬間を狙います。

エントリータイミングとしては、次の通りです。

  • RSIが70%に触れる=Lowエントリー
  • RSIが30%に触れる=Highエントリー
必ず70%か30%に触れるのを待つようにしましょう!
ラインにタッチしていない場合はエントリーを見送ります!
倍賞成行
倍賞成行

関連記事ハイローオーストラリアはRSIと15分取引の組み合わせで攻略!

ローソク足のズレを狙った攻略法

チャートを細かく見る必要がありますが、ローソク足のズレを利用した攻略法もあります。

MT4チャートを見ていると、ローソク足の終値と次足の始値がずれるケースがあります。

下図をご覧ください。

本来なら前足の終値と次足の始値は同じ位置になるのですが、上図のようにズレる場合があります。

こんな感じで前足と次足でローソク足がずれると、瞬時の反発をする可能性が高いです。

1分足でこういったズレが確認できたら積極的に狙っていきましょう!
倍賞成行
倍賞成行

関連記事ハイローオーストラリアはローソク足の知識が必須?簡単解説してみた!

まとめ

ハイローオーストラリアの1分取引について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

1分取引は、分析チャートに1分足があるのでギリギリテクニカル分析ができますが、ノイズが発生しやすく中長期取引に比べると分析の精度は落ちます。

そのため、先程ご紹介した攻略手法を正しく実践してみてください。

なお、ハイローオーストラリアには無料のデモ口座が利用できるので、まずはでデモで試してみてから実践してみるといいでしょう。

デモで納得できる結果が出てから本番で試してみてください!
倍賞成行
倍賞成行

関連記事ハイローオーストラリアのデモトレードで取引練習する方法